2015年07月04日

放送に関して

最近放送に関して考え方が変わったというか
戻ったというかそんな感じです。

リスナーのニーズに応えたいとか
いろいろ考えたり悩んだ時期もありましたが
正直リスナーが求めているものが何かわからないし
それに対して俺らが応えられるとも思わないしで
俺らは好き勝手やってていいんじゃなかろうかと

ペンちゃの中ではルールがあります
ペンちゃの中で各々が好き勝手やるというわけではなく
チームとして好き勝手やっていければ楽しいと思ってます

媚びるという部分が少し見え隠れしたりして
これだけ媚びてるのにリスナーが反応ないと
悩んだりもしました

ペンちゃってリスナーの好きなことをやる場所ではなく
俺らが好きなことをやってそこに人が集まる場所です
媚びる必要も何もない

長年聞いてくれる人もいれば
最近聞き始めた人もいる
去った人もいる
それが当たり前ですし
聞いてくれてる人はペンちゃの何がいいのか
分からないし
去った人の理由もわからない
多分そこに「なんとなく」という部分があるからかも
しれません

ペンちゃはショッピングモールにはならないし
自分の好きなものだけ置いてる雑貨屋のようなもの
ひょんなものが大人気商品になるかもしれないし
ずっと客は来ないかもしれない

それでいいと思います

俺は配信してる側の人間なので
放送にコメントやレスが付くと嬉しいです
なのでメンバーには
「放送にはレスをする」
「自分が配信してて嬉しいことは他のペンちゃの放送でもやる」
ということを常日頃言っております

でもそれをリスナーには求めません
レスやコメントは義務ではない

興味のない話
つまらない放送をやれば
その人は何も書かないでしょうし
聞かないでしょう

でもそれは「その人」の中にあるルール
そのリスナーが何に興味があるかはその人しかわからないもの
料理の好き嫌いと似てます
十人十色です

ですが先程述べたような
ペンちゃにはまたペンちゃのルールが有ります

俺の放送前にやってたアイマス放送も
俺は面白かったです

話題にはついていけないけど
楽しそうに話してるメンバーや金木犀の声を聞いてるだけで
楽しかった。

当人達が右葉曲折しながら
どうすれば楽しくなるのかを模索しながらでいいと思います

ただこの芸達者なメンバー達が
もっといろんな方の目に留まるよう
俺が引っ張っていかないといけない

改めて
ペンちゃを始めた当初の気持ちに
そして原点に近くなりました

決して今のペンちゃのチームワークは良くないけれど
助けあいながらペンちゃの中で大暴れさせたい
最近常にそう思っています

少しずつ形を変えながら
切磋琢磨しながら
チーム一丸となって
楽しめれば幸いです

リスナー置いてけぼりの放送は
今始まったことじゃないので変えるつもりもありません

俺らが楽しんでいるところを聞いて
「おっ!?」と思ってくれる人が
いたら奇跡だと思いながら
日々マイペース精進の精神で行きます。



いつものようにまとまりのないBLOGですが
言いたいこと書けたから今日はこれでよし!



posted by PenguinChannel at 03:09| Comment(1) | 将軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どこでもリスナーは、本当の意味での置いてけぼりは寂しい
例え自分が知らない内容でも、視聴者へ語り掛けてくれればそれでいいと感じます
レスを書いてもうれしくなさそうにする/特定のリスナーにしか興味をもたないという野蛮な配信者が多い中、ペンギンちゃんねるの皆さんは割合と優しいと感じますよ
暴走してるときもありますがw
それはそれで微笑ましい、それ以上をネットの配信には求めないのが鉄則、お互い様の関係ですね、こちらもいつも聴く訳ではないですし

ペンギンちゃんねるが、少しでも「見つかる」ことを願って。
Posted by NONAME at 2015年07月06日 14:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。